生漢煎 防風通聖散の効果効能

生漢煎 防風通聖散に副作用があるって本当?!副作用の防ぎ方を解説!

更新日:

生漢煎 防風通聖散に副作用があるって本当?!

生漢煎 防風通聖散はダイエット効果、便秘の改善効果が見込める漢方薬ですが、副作用についての説明って意外と少ないと思います。

漢方なので大した副作用は無いものの、やはりどんな副作用があるのか知っておきたいところですよね。

そこで今回は生漢煎 防風通聖散の副作用について徹底解説していきましょう。

初回限定50%OFF!3,900円(税別/送料無料)

生漢煎の公式サイト

※最低購入回数の制限なし/いつでも解約OK

防風通聖散の主な副作用

まずは、生漢煎に限ったことではありませんが、防風通聖散全般にある副作用についてご紹介します。

下痢、軟便

下痢、軟便

防風通聖散は便秘を改善することが大きな目的の漢方なので、下痢や軟便に悩まされる人が少なからずいるようです。

特に体力が弱まっている方、高齢者の方、授乳中の女性、胃腸が弱い方などは注意が必要です。

下痢によって体力を奪われたり、脱水症状などから他の病気の原因にもなりかねません。

もし防風通聖散を飲んで下痢気味になったら、一度服用をストップしたり量を減らすなどしてくださいね。

胃のむかつきや不快感

胃のむかつき

防風通聖散を飲んだ後に胃に不快感がある方もいるようです。

漢方ですので西洋医学薬のような心配は必要ありませんが、体質によっては不快感が出る可能性があります。

発汗、かゆみ、動悸

動悸

これらは極めて稀なケースですのであまり心配する必要がないかもしれませんが、防風通聖散を服用して発汗、発疹、かゆみ、動悸などの症状が出ることもあるようです。

もし飲み始めてからこのような症状が出たら、すぐに服用を中止して医師に相談するようにしてくださいね。

防風通聖散による副作用の防ぎ方

防風通聖散の副作用を防ぐコツは食間服用

防風通聖散は漢方薬ですが、人によっては副作用が出る可能性はあります。
ですが、飲み方を工夫することによって副作用をコントロールすることが可能です。

まず重要になるのが防風通聖散を飲む時間帯です。

防風通聖散の効果を最大限に引き出すためには、食前30分前に飲むことなのですが、これは当然副作用の可能性も高まります。

特に胃が空っぽの状態で服用すれば、胃の弱い人には「胃痛が出るのも当然といえますよね。

強い効果を生むということは下痢の可能性も高まります。

防風通聖散の副作用を防ぐコツは食間服用!

防風通聖散の副作用は、胃が空っぽの状態で起こりやすいことを考えると、ある程度食事が進んだ食間に服用することが副作用を防ぐコツです。

食間に服用すれば、ほとんどの副作用は防げることになります。

ですが、食間と言えども高齢者や体力が弱まっている方などは刺激が強くなりすぎないように服用する量を調節して注意してくださいね。

生漢煎 防風通聖散の副作用:まとめ

漢方薬である生漢煎 防風通聖散は、西洋医学薬のように副作用があるわけではないものの、体質によってはやはり注意したいところでしょう。

体質の弱い方には、まずは食間に服用して様子を見ることをおすすめします。

生漢煎を1番安く購入する方法

生漢煎

「生漢煎 防風通聖散」は余分なお腹の脂肪を分解・燃焼・排出促進する第2類医薬品です。

そんな生漢煎 防風通聖散は現在Amazonや楽天では販売されていません。

オークションサイトなどで売られている商品は、メーカーの保証がないので注意が必要です。

通常価格は7,800円ですが、公式サイトだと初回半額3,900円で購入できます。

しかも、最低購入回数に制限が無いため、いつでも解約・変更ができます!

つまり、公式サイトなら初回限定で半額で購入できるということなんです。お得ですね♪

初回限定50%OFF!3,900円(税別/送料無料)

生漢煎の公式サイト

※最低購入回数の制限なし/いつでも解約OK

-生漢煎 防風通聖散の効果効能

Copyright© 生漢煎の口コミ・評判を徹底調査 , 2019 All Rights Reserved.